太陽光発電を導入する手順

Published by admin

太陽光発電は環境にやさしく電気代も安くする有効な発電法です。
災害にも強く、震災以降、太陽光発電に関心を持つ方が増えました。
自治体や国も導入を促進してエネルギー対策の重要な柱となっています。
このような太陽光発電ですがいざ導入するとなるとどのようにしたらいいのかわからないという方もいらっしゃいます。
申し込みから発電までどのような手順で行うか紹介します。
設置を決定したあとにまずは施工業者に調査や見積もりを依頼します。
現地調査ではさまざまなことを調査します。
日照は充分得られるかどうか、そしてパネルを設置できる屋根の強度があるか、面積は十分か、素材はどのようなものか、雨漏りなどはないか、パワーコンディショナの配線、安全に工事できる環境かどうか、そのようなことを調べていきます。
こうした事前調査の時には家屋の設計図面などを用意しておくことがスムーズに調査ができるポイントです。
また電気料金の過去のデータなども用意しておくと発電シミュレーションの時に役に立ちます。
こうして得た情報でメーカーとレイアウトが決まって電気料金の予測を立てることができます。
業者はそれを元に見積書と提案書を出してくれますのでそれを見て取り付け業者を決めていくことにします。
契約して工事の開始となります。
設置工事はモジュールなどのシステムそのものの設置工事と電気工事に分けることができます。
機器の設置は屋根に架台を取り付けたり架台の上にモジュールを取り付けたりパワーコンディショナを取り付けモニターを取り付けとシステムそのものを設置していきます。
そのあとに電気配線工事が入ります。
全ての工事が終了したら竣工検査が行われますので必ず立ち会って説明を受けます。
竣工後に行うのが電気会社との契約です。
余った電力を売電するための電力需給契約を結びます。
この契約を結ぶことで自宅で発電して余った電力を売電できるようになるのです。
メーカーの保証書は大切にとっておいて長く太陽光発電生活を送れるように保管しましょう。