太陽光発電が取り付けできる屋根とは

Published by admin

太陽光発電がうちの屋根にも取り付けできるのかというのは導入を考えている方なら誰でも気になる部分です。
実は太陽光発電は新築の家についているものよりも既に建っている中古の家に取り付けられる工事件数の方が多いのです。
ですから大抵の屋根には取り付けができるようになっています。
太陽光発電にとって大事なことはその家の屋根の方角や形状、面積などさまざまな要素があります。
まず方角ですが南向きの屋根がやはり最適と言えます。というのもやはり太陽光発電の発電量は日光の量と照射角度に大きく依るからです。
南向きを100%とすると西東向きが85%程度、北向きでも発電して65%程度になります。
また屋根の形状も大事です。
屋根にもさまざまな種類があって切り妻屋根、片流れ屋根、寄棟屋根、方形屋根、陸屋根などがあります。
切妻屋根などの面積が大きい屋根は太陽光発電に適していると言えます。
広い面積に十分な太陽光パネルを置くことができるからです。
一般に面積が広ければ広いほど発電量は大きくなっていきます。
片流れ屋根も面積が大きいので方角が最適であれば大きな発電量を望むことができます。
逆に寄棟屋根などは一面あたりの面積が狭いので分割して設置するなどの工夫が必要になってきます。
平らな屋根を陸屋根と言いますがこの陸屋根は面積は広いのですが角度がありませんので架台を使って傾斜をつけていくことになり工事が必要になります。
こうした傾斜は30度が理想とされています。
さらに太陽光発電は200キロgにもなりますので屋根の強度の必要です。
耐荷重を調べたり築年数を確認して安全に取り付けができるかどうかを調べる必要があります。
また、一度取り付けたら取り外しが難しいので雨漏りなどがないかどうか、破損がないかどうか取り付けの前に確認しておくのが望ましいです。
しっかり取り付けた太陽光発電の装置は台風などにも強く安全なものですので安心して導入することができます。