太陽光発電の見積と提案書

Published by admin

太陽光発電の導入を検討する場合にはまず行わなくてはいけないことがあります。
それは見積書と提案書をもらうことです。
太陽光発電は決まったシステムをそのまま購入することができません。
なぜなら家の屋根に取り付けるもので、屋根はその家一軒一軒ごとに広さも素材も違います。
そこで現地調査でどのようなメーカーのどのような機種がいいのかそれがどのくらいの枚数必要かという見積のための調査をしなくてはいけないのです。
現地調査では取り付け業者が来て発電量がどのくらい見込めるのかなどの調査もしてくれます。
果たして我が家は太陽光発電が見込めるのかそういったことも同時に調べることができます。
屋根の素材はどうか、雨漏りなどはどうかも調べ、不備があった場合には工事に屋根の修理も必要になってきます。
そのようにして調べた結果を見積書として提出してもらうのです。
この見積書はひとつの業者だけではなくいくつかの業者に依頼するのが最適です。
比較することによって適正価格や業者の質を見抜くことができます。
見積書にはシステム自体の価格と工事費などが載っています。
システムは太陽光発電のモジュール、そして発電した電気を直流から交流に変換するパワーコンディショナ、そしてモニター、ケーブルなどの細かい価格とメーカーや機種が書かれています。
さらに工事費の内訳も詳しく書かれています。
工事には足場を組む費用、取り付けの工事、電気工事、それに屋根の修理や架台の取り付け費用などの内訳が書いてあります。
このような内訳をチェックして業者を選んでいきます。
また同時に提案される提案書の方には光熱費のシミュレーションが載っています。
住居の屋根の材質や傾斜、それに方角などが発電量に細かく関わってくるのでそれを調査することで発電のシミュレーションが出せます。
それに沿って最適なメーカー機種が割り出せるのです。
見積を価格だけで決めずに、さまざまな技術の質や誠実さなどの面を見て決めましょう。