太陽光発電システムを設置すべき理由

Published by admin under 太陽光発電で意識改革

人間は文化的な生活を営むために、日常生活で多くのエネルギーを消費しています。
現在の文明社会は、文化的な生活を送るために必要なエネルギー源として、ほとんどを化石燃料に頼っています。
化石燃料の中でも一番使いやすい原油と天然ガスは、地球上の特定の場所に偏って埋蔵されており、地政学上のリスクに常にさらされているといえるでしょう。
アメリカ大陸ではシェールガスの採掘がスタートし、アメリカ国内では天然ガスの価格が大幅に下がっていますが、島国の日本は輸送コストが掛かるため天然ガスの輸入価格は値下がりしにくいのが現状です。
限りある資源である化石燃料、特に原油は枯渇のリスクが高まっています。
再生可能な、無限の自然エネルギーである太陽光を活用する太陽光発電システムは、化石燃料に頼っている現代社会にとってエネルギーの活用方法を大きく変える新しい手段といえるでしょう。
埼玉県入間市ではすでにかなりの住宅で太陽光発電システムが設置され稼動しており、住宅地を歩くと屋根に設置されたソーラーパネルを頻繁に見かけるようになりました。
現在地球上の各地で報告されている異常気象、集中豪雨や洪水、猛暑や異常寒波は地球上の二酸化炭素量が増えた事による地球温暖化が理由と分析されてる事は皆様ご存知でしょう。
自分に家で使用する電気を、二酸化炭素を排出し化石燃料を燃焼させて発電した電気を使用するのではなく、自然エネルギーである太陽光により発電した電気を使う事で、地球温暖化に抵抗できるのです。