一般家庭で太陽光発電パネルを取り付ける

Published by admin under 太陽光発電で意識改革

現在の日本の情勢はエネルギー政策が大きな転換点を迎えています。
原子力発電という発電手段に対しての不信感が強い以上、今後のエネルギーの在り方を見直す必要が出てきています。
もちろんすぐに原子力発電そのものをなくすのか、段階的になくしていくのかで、ずいぶんと違いはあります。
それでも火力発電や自然エネルギーでは、一般家庭や企業向けの電力コストに転嫁しなければならない事態を招いています。
そこで自宅でもできる発電方法である太陽光発電の導入を積極的に考えたいものです。
もちろん東京のベッドタウンであったり、農村部が広がっていたりもする埼玉には、多くの一般家庭で太陽光発電を導入することができます。
太陽光発電は、その設置という初期コストがかかります。
原価の償還には、たとえ電力会社が余剰電力を購入してくれたとしても、年数が必要となるものです。
それでも自宅の屋根で自然エネルギーである太陽光発電ができるということはとても意義のあることです。
なによりも環境に負荷をかけない電力を積極的に利用できます。
現在の世の中の状況は原子力発電所が稼働できないために、むしろ火力発電所がフル稼働状態にあります。
電力の高騰だけでなく、二酸化炭素の排出という面でも決してよくない事態です。
それだけに自宅で太陽光を利用して発電できるというのは、まさに自然エネルギーの利用につながり、地球環境のためにもいいことをしていることになります。
また太陽光発電は災害にも強いという側面もあります。
別に蓄電装置を所有していないと夜間の電力とすることはできません。
それでも日中に自宅の屋根で発電しているわけですから、仮に何らかの事情で送電 網にトラブルが発生しても、自宅では電機が使用できることになります。
埼玉でもまだまだ地震を感じることもあります。
今後家を建てる時の希望として、災害に強いということはとても重要な要素となってくるものです。
それだけに太陽光発電パネルの取り付けも検討したいものです。