地震が起きても大丈夫なの?

Published by admin under 太陽光発電で意識改革

太陽光発電を設置している住宅は、地震が起きても大丈夫なのだろうか?とふと感じたことがあります。
もしかしたら、太陽光パネルが屋根の上に乗っているせいで、地震が起きたら家は倒壊してしまうのではないだろうか?と心配になってしまいました。
しかし実際は大丈夫なようです。
実は我が家は今埼玉県の川口市で、太陽光発電生活をおくっています。
導入しようと考えたのは私ではありません。
父親でした。
なので私は父親に、地震があったら危ないのでは?と言ったのです。
しかし父親は大丈夫と言い張るので、本当に大丈夫なんだろうか?とかなり不安になりました。
川口市の業者に相談した時に、私は思い切って業者の方に尋ねてみました。
「太陽光パネルはとても重そうです。
もし地震が起きたらその重みで住宅が崩れるのではないでしょうか?」
不安そうな顔でたずねていたと思います。
しかし業者さんはにっこりとやさしく笑い、「大丈夫ですよ。
家そのものが倒壊すればパネルの被害も出るでしょうが、今のところ震度6の地震でも太陽光パネルに被害が出ることもないし、パネルが原因で家が倒壊してしまうということもありません」と教えてもらいました。
しっかりと答えてもらい、安心しました。
もし地震で家が壊れたり、パネルが滑り落ちたら大変だと感じていましたが、その危険性がないと知り、導入に積極的になれ、今は自宅で発電を行いその電気で暮らしています。
これからも太陽の光に感謝して、生活したいです。