Archive for the '太陽光発電で意識改革' Category

太陽光発電の街を目指す熊谷市

Published by admin under 太陽光発電で意識改革

熊谷市と言うと、日本で一番外気温が高温になるところ、アスファルトが溶けてしまう街、そして駅前に堂々と歓楽街が隣接している街として名前が知れています。
また温度に関係するのですが、日本一日照時間の長い地区としても知られています。
そのことがあるので、今のように太陽光発電がメジャ-になる前の20年以上前から、熊谷市では、一部の家屋にはソ-ラ-バネル設備が取り付けられていました。
日照時間が長いのは、100年前から変わらないし、雪で屋根が覆われることもあまりないのも、昔から変わっていません。
その為、太陽光発電に適した環境はどこかという視点から全国を見まわしても、熊谷市ほど、適したところはありません。
それで、熊谷市では、旧式のシステムにはなるがソ-ラ-パネル設備が設置されていました。
当時は、電気を発電すると同時に、温水を作って風呂を沸かすシステムも併用していたモデルも ありました。
ただ当時は、一式揃えると400万円以上したので、富裕層と言われる階層しか手が出なかつたというのも事実でした。
ソ-ラ-パネル自体が高いのと、いまのよう1kWあたり42円で現在の買取価格など存在せず、ただ自然を大切にする高邁な思想の人でないと取りつけるというところまではいきませんでした。
あの東日本大震災以来、原子力発電に頼る日本の発電事情はすっかり状況を一変し現在、そして将来にわたって原子力発電所の立ち位置は無くなったと言っても過言ではないかと思います。
そのために、国挙げて 代替の発電方法の確立に力をそそぎ行政として火力発電、水力発電のテコ入れ、個人として太陽光発電設備の設置の普及を強力に進めました。
そうした流れの中で、家庭用太陽光発電設備の初期投資費用は、大幅に下がりここ熊谷市でも、かなりスピ-ドで普及が進んでいます。
また、熊谷市では、行政の施策として 他の地区のようにメガソ-ラ-をたてるべく 市内の遊休地を貸し出して、企業の誘致に懸命のPRを行っています。
来年、再来年の熊谷市は、日照時間の長い街の名に恥じない太陽光発電の街になっていることが期待されています。

不倫相談なら電話占いで
抱え込まずに相談してください。

 

Next »