太陽光発電の補助金とは

Published by admin

太陽光発電は再生可能エネルギーとして大きな期待を寄せられている発電法です。
発電法には色々なものがあります。
火力発電は石油を原料としています。
また原子力発電はご存知の通りウランなどを原料にした発電方法です。
これらの発電方法は石油やウランといういつか枯渇してしまう原料を使っているものです。
これを枯渇性エネルギーと呼んでいます。
一方これに対して再生可能エネルギーと呼ばれているものがあります。
代表的なもので大きな風車を回して発電する風力発電、地熱を使って発電する地力エネルギーなどです。
日本は火山国ですからこの地力エネルギーにも大きな期待が寄せられています。
また水の力を使って発電する水力エネルギーもあります。
生物を使った発電はバイオマスエネルギーと呼ばれ研究されています。
これらのエネルギーは再生可能エネルギーと呼ばれ資源が底をつかないエネルギーを指しています。
太陽光エネルギーは再生可能エネルギーの中でも最も期待されているエネルギーです。
太陽光は無尽蔵にあり発電コストも低く抑えられます。
住宅用としても導入が容易なまさに夢のエネルギーと言えます。
国や自治体にとって環境を守ること、エネルギーの問題は大きく急いで取り組むべき問題です。
国や自治体は太陽光発電に大きな期待を寄せていて各家庭が導入するのをサポートしています。
そのため多くの場合補助金が出るようになっています。
ただし補助金にも条件があるので注意が必要です。
発電量の基準にあっているか、中古の太陽光発電装置ではないかなどさまざまな条件をクリアした場合に国から補助金が適用されます。
国の補助金制度は正式には住宅用太陽光発電導入支援対策補助費といいます。
この他にも地方自治体の補助金も適用されるところもあるのでぜひ窓口で調べて適用される条件の太陽光発電システムを導入するべきです。
国や自治体が力を注いでいる今が太陽光発電導入の大きなチャンスと言えそうです。