入間市での太陽光発電の導入

Published by admin under 補助金は早い者勝ち!

太陽光発電とは、建物の屋上や敷地にソーラーパネルのような太陽光発電システムの設置を行うことで、太陽の熱エネルギーを電力に変える発電方法を言います。
そして、日本において、太陽光発電の導入が進められています。
入間市においても、太陽光発電の導入を推奨しており、平成24年4月以降に住宅用太陽光発電システムを設置した個人やマンションの管理組合に対して、補助金の交付がされています。
この補助金の内容は、1キロワットあたり20,000円で、その上限は50,000円となっています。
なぜ、太陽光発電の導入に対して、補助金が支出されるかについては、最近では、原子力発電所の稼働が控えられているところ、その結果として、節電が全国的に要請されているからという理由が挙げられます。
個人住宅などで、太陽光発電システムを利用し自主的な発電を促すことで、節電に対処しています。
さらに、太陽光発電は石油や石炭などの天然資源などを使用せず、太陽の熱エネルギーを利用するため、地球環境に配慮していることが挙げられます。
発電時に二酸化炭素などの有害物質を排出せず、安全であるということも普及の理由になります。
そして、昼間に発生した電力は貯蓄しておいて、夜間に使用をすることができます。
したがって、家庭の家計に対しても優しいですし、もしも停電になった場合にも、ためておいた電力を使用することができるため、災害対策になります。
内容は様々ですが、入間市のように補助金を支出する自治体はこれからも増えて太陽光発電は広まるでしょう。